IFMSAとは?

IFMSAとは?

IFMSA-Japanの母体である、国際医学生連盟(IFMSA:International Federation of Medical Students’ Associations)は非営利・非政治の国際NGOです。第2次世界大戦後の1951年にヨーロッパで設立され、現在は本部をフランスの世界医師会内に置いています。WHO(世界保健機関)、WMA(世界医師会)を始め、様々な国際機関、UNESCOやUNICEFなどの国連機関と公式な関係を結んでいる、唯一の医学生団体です。IFMSA本部の代表は様々な会議に招かれ、世界中の医学生を代表して発言しています。2016年3月時点で、119の国と地域から127団体が加盟し、130万人以上の医学生が参加しています。

IFMSAには、臨床交換留学、基礎研究交換留学、公衆衛生、性と生殖・AIDS、人権と平和、医学教育の6つの常設委員会があり、世界各国で様々なプロジェクトやワークショップを運営しています。医学雑誌THE LANCETでは、国際保健教育への取り組みが論文の中で大きく紹介され、論説でも触れられています。

1961年にIFMSAに加盟した日本支部は、2000年頃に体制を一新し、名称をIFMSA-Japanとして現在に至ります。全国の医学部・医科大学のESSや医療系サークルなどの団体会員、および個人会員によって構成されています。2016年4月 現在、団体会員57校、個人会員約670名、IFMSA-Japanの中で最大の無料メーリングリストには約2000名が参加しています。

代表あいさつ

皆さん初めまして。
福島県立医科大学5年生の齋藤惠理子と申します。2016年度、国際医学生連盟 日本(IFMSA-Japan)の代表を務めさせて頂いております。

「あなたにとってIFMSA-Japanとは、どのような場所ですか。」
この問いかけをすれば、十人十色様々な答えが返ってくることは想像に難くありません。

私がIFMSA-Japanと出会い活動をし始めたのは、約4年前の春でした。この4年間を振り返ると、多くの方との出会いや繋がりの中で、本当に数々の経験を積ませてもらいました。それらはIFMSA-Japanに所属していなければ出会わなかったであろう人や、体験できなかったようなことばかりです。

IFMSA-Japanで出来ることは多岐に渡ります。
私たちの主な活動の場となっている常設委員会は、6つの異なる視点・価値観から、現代の医療系学生の私たちを取り巻く社会の様々な問題について学び、考える場を提供し、メッセージを社会に対して発信しています。IFMSA-Japan最大のイベントである日本総会では、全国各地から集う医療系学生と出会い、互いの価値観や意見を交わし合い、深め合うことができるでしょう。また、世界とのつながりの中、日本の学生として世界を舞台に活動することも出来ます。そして、このような様々な活動を学生同士がサポートし合い、展開しているのです。

こうしたIFMSA-Japanで出来る様々なことは全て「学校では学ぶことが出来ないけれども、大切なこと」ではないでしょうか。

より良い医療を提供するために必要なものは、私たちが普段学校で学んでいる知識や技術だけでは決してありません。
医療が、人とのつながり・社会とのつながりの中で実践されるものであるからこそ、そこで活躍する人材には、多分野に興味や疑問を抱く力や、問題解決のために仲間と協力しあい、思いを形にする力が求められています。日々医療を取り巻く環境が目まぐるしく変わってゆく今日の社会だからこそ、ことさらにこうした能力が重要視されていることは言うまでもありません。
そして、こうした力を培うことができるのは、柔軟に過ごすことのできる学生時代ならではでしょう。IFMSA-Japanでは、前述したような様々な活動を通して、未来のリーダーに必要な素質を養っています。

私たちIFMSA-Japanは「社会貢献や国際社会とのつながりの下、幅広い視野をもった医療人を育成し、よりよい社会を目指す」という言葉を、活動の理念に掲げています。
学生である私たちにこそ見えてくるもの、学生の私たちだからこそ伝えられる思いを大切にしながら、日本の医療系学生を代表する団体として社会にメッセージを発し続けることを使命とし、今年度も魅力的な活動を展開して参ります。

「あなたにとってIFMSA-Japanとは、どのような場所ですか。」と聞かれたら、
私にとっては「学びの場であり、出会いの場であり、発信の場」と答えるでしょう。

ひとりでも多くの方がIFMSA-Japanの魅力に触れ、活動に参加してくださることを願っています。今年度もIFMSA-Japanをどうぞよろしくお願い致します。

2016年度 代表
福島県立医科大学5年
齋藤惠理子/Eriko Saito

活動内容

>> 臨床交換留学に関する委員会 / SCOPE(スコピ)
留学生は海外の病院で臨床研修を行うとともに、現地の学生とsocial programを通して交流し、相互理解を深めます。

>> 基礎研究交換留学に関する委員会 / SCORE(スコリ)
基礎医学研究に興味を持つすべての学生に、海外における様々な大学の基礎教室・研究所で研究に携わる機会を提供します。

>> 性と生殖・AIDSに関する委員会 / SCORA(スコラ)
一般市民、特に若者の性に関する知識や意識を向上させることを目指し、 医学生を中心にHIV/AIDS、セクシャル・マイノリティ、ならびに生殖医療についての知識を深めることを目指します。 「大学生による性教育プロジェクト Peer Education Project」「セクシャル・マイノリティについての社会的認知度の向上を目指す Rainbow Flag Project」を主な活動としています。

>> 公衆衛生に関する委員会 / SCOPH(スコフ)
公衆衛生の実現を目指し、その重要性を知り、そして知ってもらうために勉強会や、様々なプロジェクト、 「ぬいぐるみ病院プロジェクト」「地域医療ツアープロジェクト」「Africa Village Project」 「Asia Community Health Project」「Healthy Lifestyle Project」を実施しています。

>> 人権と平和に関する委員会 / SCORP(スコルプ)
紛争や人権侵害の防止・救援活動に取り組みます。勉強会のほか、プロジェクトとして「ACTION Project」 「Hiroshima Nagasaki Peace Project」「Learn About ReFugee project」「Law And Medicine Project」を実施しています。

>> 医学教育に関する委員会 / SCOME(スコミ)
国内留学や多学年混合勉強会など、医療系学部における通常のカリキュラムでカバーし切れない領域を学ぶ取り組みを行っています。「Life Lesson Project」「チーム医療プロジェクト」を実施しています。

お知らせ / イベントカレンダー

6月 / June
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
7月 / July
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
8月 / August
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

資料/アンケート

加盟大学一覧

北海道
旭川医科大学 / 札幌医科大学 / 北海道大学
東北
岩手医科大学 / 秋田大学 / 東北大学 / 山形大学 / 福島県立医科大学
北陸
富山大学 / 金沢大学 / 福井大学
関東
筑波大学 / 自治医科大学 / 獨協医科大学 / 群馬大学 / 埼玉医科大学 / 千葉大学 / 杏林大学 / 慶應義塾大学 / 帝京大学 / 東京医科大学 / 東京医科歯科大学 / 東京女子医科大学 / 東邦大学 / 日本大学 / 日本医科大学 / 北里大学 / 東海大学 / 山梨大学
中部・東海
信州大学 / 岐阜大学 / 浜松医科大学 / 愛知医科大学
関西
滋賀医科大学 / 大阪医科大学 / 大阪市立大学 / 関西医科大学 / 近畿大学 / 神戸大学 / 兵庫医科大学 / 奈良県立医科大学
四国・中国
鳥取大学 / 島根大学 / 岡山大学 / 川崎医科大学 / 徳島大学 / 香川大学 / 愛媛大学
九州・沖縄
山口大学 / 久留米大学 / 産業医科大学 / 福岡大学 / 佐賀大学 / 長崎大学 / 熊本大学 / 大分大学 / 宮崎大学