IFMSAとIFMSA-Japan

IFMSA-Japan の母体である、国際医学生連盟 (IFMSA / International Federation of Medical Students’ Associations)は、非営利・非政治の国際NGOです。「すべての医学生がグローバルヘルスのために団結し、将来の医療において地域、そして世界で活躍できるリーダーを育成する」ことをVisionとして活動しています。

IFMSAは第2次世界大戦後の1951年にヨーロッパで設立され、現在は本部をデンマークに置いています。WHO (世界保健機関)、WMA (世界医師会)をはじめとする様々な国際機関、UNESCOなどの国連機関と公式な関係を結んでいる、唯一の医学生団体です。IFMSA本部の代表は様々な会議に招かれ、世界中の医学生を代表して発言しています。2020年3月時点で、141の国と地域が加盟し、130万人以上の医学生が参加しています。

1961年にIFMSAに加盟した日本支部は、2000年頃に体制を一新し、団体名をIFMSA-Japanとして現在に至ります。全国の医学部・医科大学のESSや医療系サークルなどの団体会員、および個人会員によって構成されています。2020年3月現在、団体会員58校、個人会員約700名が参加しており、IFMSA-Japan 無料メーリングリストには約2,500人が登録してます。また、約300名がStaffとして活動しています。

IFMSA-Japanの活動

IFMSA-Japanでは、「社会貢献や国際社会とのつながりの下、幅広い視野を持った医療人を育成し、よりよい社会を目指す」ことを理念に活動しています。IFMSAの設置する以下の6つの常設委員会に沿って、Staffを中心に活動が行われており、医療系学生が自分の興味に合わせて、様々なプロジェクトやワークショップを通じて、医療者として必要な知識とスキルを身に着けていきます。

基礎研究交換留学に関する委員会 / SCORE
臨床交換留学に関する委員会 / SCOPE
公衆衛生に関する委員会 / SCOPH
性と生殖・AIDSに関する委員会 / SCORA
人権と平和に関する委員会 / SCORP
医学教育に関する委員会 / SCOME

Facebook:https://www.facebook.com/ifmsajapan/
Twitter:https://twitter.com/IFMSAJapan

2018年度 IFMSA-Japan Annual Report
  https://issuu.com/ifmsa-japan/docs/annualreport2018-2019
IFMSA-Japan パンフレット 2020
  https://issuu.com/ifmsa-japan/docs/2020________