Standing Committee On Sexual & Reproductive Health and Rights including HIV & AIDS / SCORA
性と生殖・AIDSに関する委員会

一般市民、特に若者の性に関する知識や意識を向上させることを目指し、医療系学生を中心に HIV / AIDSをはじめとする性感染症、多様な性、ならびに性教育についての知識を深めることを目指します。

SCORAでは、『性を知り、生を豊かにをモットーに、以下の3つのプロジェクトが活動しています。

◆Peer Education Project
若い世代の人たちと同世代である医療系学生の立場を活かし、正しい性知識を伝え、性に関するテーマについて考える機会を提供することで、より豊かな人生を送るサポートをすることを目指すプロジェクトです。

具体的な活動は、小中高生に向けた性教育の出張授業(Peer Education)と大学生を対象とした性に関する勉強会です。出張授業について、2021年度は高校6校の約1300人に対してPeer Educationを行いました。Peer Educationの新たなご依頼やご質問は、pep@ifmsa.jpまでお願いいたします。

◆Rainbow Flag Project
現在の社会に顕在しているジェンダーバイアス及びセクシュアルマイノリティの差別・偏見をなくすこと、セクシュアルマイノリティの社会的認知度や性の多様性への理解の向上を行うことで、それぞれが持つセクシュアリティを尊重できる社会を目指すプロジェクトです。

東京レインボープライドをはじめとした全国各地のイベントへの参加や、セクシュアリティに関する勉強会、ワークショップを行い、医療系学生の立場からセクシュアリティに対する理解の向上を目指しています。

◆STI Prevention Project
大学生を中心に性感染症について知識を深めるイベントを行い、HIV/AIDSをはじめとした性感染症の予防・啓発活動に取り組むプロジェクトです。知識を深めるだけでなく、実際にコンドームの配布も行っています。

大学生となり、活動範囲が広がることによって性感染症は身近な存在となります。将来を大きく左右する性感染症だからこそ、私たち医療系学生が発信することにより、少しでも感染予防に貢献できたら良いと考えています。

以上を主なプロジェクトとしています。
SCORAはスタッフ同士の切磋琢磨によって得られた性に関する深い知識と非常に高いプレゼンテーション能力をもとに活動しています。

『性』という言葉を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?もしかしたら、自分とは関係ないこと、人と話すことではないものだと思うかもしれません。しかし、実際には、『性』は私たちの生活に深く関わっているものであり、日常の生活と切り離せないものでもあります。自分の日常に『性』が深く関わっていることを感じてもらい、身近に感じてもらう。そして、これからの「生」に役立ててもらう。

これを目標に私たちは活動しています。

是非私たちと一緒に学んでみませんか?

SCORA-Japan 公式SNS

Facebook:https://www.facebook.com/scorajapan/

Instagram:https://www.instagram.com/scorajapan/

 

2021年度は、公益財団法人エイズ予防財団 並びに 一般社団法人未来支援委員会の助成を受け、活動を実施いたしました。

2022年度は、公益財団法人エイズ予防財団 並びに 一般社団法人未来支援委員会の助成を受け、活動を実施いたします。