Standing Committee On Human Rights & Peace / SCORP
人権と平和に関する委員会

SCORPの「R」と「P」は、「Human Rights」と「Peace」をさします。
医療系なのに、どうして「人権」と「平和」なの?
そう思い至る方も少なくないはずです。
医療において「人権」や「平和」を考える重要性ってなんでしょうか?
SCORPでは、貧困や社会的弱者、女性問題、虐待、難民問題、災害、紛争問題など、
学校教育や普段の生活では触れることが少ないトピックについて、
熱い仲間たちとともに、ディスカッションやワークショップ、フィールドワークを通して多角的に学んでいきます。

SCORPでは、以下の5つのプロジェクトが活動しています。

◆ ACTION-Project
 災害医療の次世代リーダー育成を目的としたプロジェクトです。
◆ Hiroshima Nagasaki Peace Project (HiNaP)
 原爆や核兵器問題を通して未来の平和について広島や長崎を中心に学ぶプロジェクトです。
◆ Law And Medicine Project (LAMP)
 法学生との医療社会問題について学術交流するプロジェクトです。
◆ Learn About ReFugee Project (LARF)
 貧困や社会的弱者など様々な社会問題について学ぶプロジェクトです。
◆ Project for Overcoming Your and Our Prejudice and INhospitality against challenged people (POYOPIN)
 障害のある方への偏見、差別、冷遇を無くすことを目指すプロジェクトです。

上記、5つのプロジェクトの他に、プロジェクトの垣根を越えた SCORP としての地域別の勉強会を、全国各地で開催しています。

SCORP Facebookページ:https://www.facebook.com/scorpjapan/