第18回 NGA Activities Fair 最優秀プロジェクト決定

2020年11月22日,23日の2日間にわたって開催されましたNGA(日本総会)のプログラムの一つ,Activities Fairに関するご報告をさせていただきます。
今年度は新型コロナウイルスの影響によりオンライン開催となりましたが,11のプロジェクトや団体,部署に出展していただき,盛況のうちに終了いたしました。

ポスターによる事前投票および当日のプレゼンテーションでの投票により,
HiNaP(広島長崎ピースプロジェクト)が最優秀プロジェクトに選ばれました。

受賞を記念いたしまして,HiNaPのポスターを本ホームページのヘッダーに掲載させていただきます。
日本総会にご参加いただけなかった皆さまもお楽しみください。

【HiNaP プロジェクトコーディネーターからのコメント】

Activities Fair最優秀賞という名誉ある賞をいただき,大変嬉しく思います。
私共HiNaPは「戦争体験者と次世代との架け橋になる」を目標に活動しています。しかし,ただ「平和は大切だよ~」と言ったところで次に繋げることはできません。
そこで2020年度HiNaPは「『学ぶ』だけでなく,学んだことを他者に『伝える』ためには?」をテーマに
①祈念日リーフレットの作成
②被爆体験の朗読会
③放射線健康被害SWG(Small Working Group)の立ち上げ
という,新たな3つのアクションを起こしました。
2020年度HiNaPの全貌が分かるHiNaPスタッフによる力作ですので,ぜひご覧ください。

なお,今回出展していただいた11枚のポスターは全てIFMSA-Japan公式Facebookページに掲載しております。素敵なポスターばかりですので是非ご覧ください。
https://www.facebook.com/111371212232647/posts/3415521468484255/?d=n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です